a-worksさまメディアにてCtoCの例として取り上げていただきました!

 

こんにちは、伊藤羊子(@hitsuji_001)です。

このたび、ダイレクトマーケティングの一大カンファレンス「ダイレクトアジェンダ」にて、お世話になっているa-worksさまが発表された「成果報酬型広告を2万時間やって気づいたこと」の中で、伊藤羊子の運営サイト「敏感肌のスキンケア研究所」をCtoCマーケティングの例として取り上げていただきました!

↓↓↓

たくさんのマーケターさんが集まるイベントの中で自サイトを紹介していただけたとは、少々恥ずかしくもありますが、何より非常に誇らしいことであり嬉しく思っています。

登壇されたa-works広告運用チームリーダー百々さんがまとめられた内容はこちら!

DA2019登壇!成果報酬型広告と2万時間向き合って気づいた、「事業を伸ばす上で1番大事なこと」― a-works BLOG

「CtoC」とは、Customer to Customerの略で、ブログの中ではCtoCマーケティングについて、このように紹介されています。

企業による自社メディアではなく、より消費者目線に近い他者から、自然にブランドが伝わるコンテンツを大量に用意し、消費者とブランドのタッチポイントを増やして、コンテンツを通して正しい理解を得た状態でコンバージョンをとる。

私は自分で製品を作って直接ユーザー様に売っているわけではありません。

なるべく消費者に近い立場で、かつ専門的な知識をもって、ブランドの魅力やブランドが諸事情によって自ら発信できない情報(他社との比較優位性など)をお伝えすることが私の仕事です。

つまり「ブランドと人をつなぐ」「人とモノをつなぐ」仲介業だと思っています。

どちらにとっても有益でありたいと思いつつ、PCの向こう側にいるユーザーさま、クライアントさまにとって実際どんなふうにお役に立てているかを知る機会はなかなかないので、今回このような形で数字とともに自分が担っている役割を示していただけて、「ちょっとはお役に立ててるかも(*’ω’*)」という気持ちになりました。

このような機会をくださったa-worksさま、広告運用チームリーダーの百々さん(いつも心の中では「ももキュン」と呼んでいますww)に感謝を込めて。

ありがとうございました!!

 

レビューしている化粧品って提供されてるの?自分で買ってるの?というお話

こんにちは、伊藤羊子(@hitsuji_001)です。

敏感肌のスキンケア研究所というサイトを運営しています。

美容サイトを運営していると、時々聞かれるのが「サイトに載せてる化粧品って会社からもらってるの?」という質問です。

答えから言うと、私の場合はほとんど自腹で購入しています。
けっこうな出費です。涙

美容ライターさんや美容ブロガーさんの中でもいろんなパターンの方があって、企業からの提供品だけをレビューしている方もいらっしゃいますし、場合によって使い分けておられる方もいらっしゃると思います。

私も、商品説明会に参加したり、コスメコンシェルジュの勉強会に参加したりするとおみやげまたは資料としてご提供いただくことはあるので、そういう場合はありがたくお試しさせていただくこともあります。

でも、「〇〇の記事を書いていただけませんか?」と商品のご提供のお話をいただくときは基本的にお断りしています。

お断りしたうえで、その商品を自分で購入してレビューすることもあります。

それならもらっちゃえばいいのに、と思うこともあるのですが、いただきものだとね、好きなように書きづらくなってしまうんですよね…( ´ω` ).。oO

提供いただいた商品だと、褒めないといけない感じがするじゃないですか。

実際に使ってみて本音ではちょっとイマイチだな、と思った場合でも、イマイチでした!とは書きにくくて、なんとかいいところを見つけて書いてあげなければ!!と思ってしまうのです。

自分が運営しているサイトには、できるだけ客観的かつ公平な評価を掲載したいと思っているのに、その「いただいたからには何かいいことを書いてあげねば…」という気持ちが邪魔になってしまうんですね。

というわけで、今サイトで掲載している商品のほとんどは自分で購入したものです。

なので、こんなのとか・・・

こんなのとかも・・・

自分で購入していますヽ(;▽;)ノ

いやーマジで毎月けっこうな出費ですから!
経費にする言うても結局自分の財布から出ていくわけですし!!

でも、自分はこのやり方がいちばん合っていると思います。
記事を書く上でいちばん気持ちがラクなので(*’ω’*)

たぶん今後もこのスタイルでやっていくのではないかと。

人によっては提供品のほうがヤル気が出る!という方もいらっしゃると思うので、何が正解かというのはないと思うのですけど、私の場合はこうですよ~というお話でした。